Julian Wheatland

Cambridge Analytica CEO

Julian WheatlandはSCL Groupの元会長および、SLC/Cambridge Analyticaグループ企業のCOOとCFOを務めました。2015年から2018年にかけて、彼の監督下でグループは世界で最も影響力のあるデータ分析企業のひとつに成長しました。画期的な分析テクノロジーの導入とコミュニケーションの重視が広告業界の基礎を築き、プライバシーと個人情報保護に関する現在の論争を形作りました。

急速に進化する人工知能や機械学習、データ分析テクノロジーの背景に反して、Julianは個人情報を保管および利用する団体の規制やガバナンスの一新を提唱しています。氏は、行政や規制による監督に完全に頼るだけではなく、テクノロジー開発のペースを保つ透明で責任感のある企業監督に重点を置くべきだと主張しています。Julianは数々の国際企業において組織開発や新市場参入アプローチ、投資戦略等に関する顧問を務めています。氏は技術商品化を専門とし、このトピックで数多く執筆しています。

Zygmunt Andrew Spray1