Sarah Manski

Sarah_Manski_006FF (1).jpg

カリフォルニア大学でテクノロジー、政治経済学、グローバル化を専門とする学者

Sarahはカリフォルニア大学サンタバーバラ校でテクノロジー、政治経済学、グローバル化を専門とする学者です。彼女は民主化にテクノロジーを導入することを始め、テクノロジーを社会的闘争の場とする研究を行っています。彼女は博士論文で、生活協同組合やサプライチェーン活動家らがブロックチェーン技術を利用してグローバルな技術的共同体を築き上げることや、すでに確立された金融機関や政治機関によるブロックチェーン技術導入に抵抗する動きを取り上げています。Sarahは2017年にInternational Society of Blockchain Scholarsを創立しました。彼女はカリフォルニア大学のリージェントフェロー、Liberty Tree Foundationのフェロー、学術誌 Strategic Change: Briefings in Entrepreneurial Financeの編集委員、Journal of World Systems Research on technologyの特別号の編集者です。

Sarahは公式な立場でウィスコンシン州・サスティナブルビジネス・ネットワークの顧問、マディソン市のごみ処理顧問委員会メンバー、労働組合のAFSCME および IFPTEの専門スタッフ、全米配信の労働と環境についてのラジオ番組のプロデューサーを務めています。彼女はウィスコンシン大学マディソン校で理学修士号を取得しました。

Zygmunt Andrew Spray1