Tony Greenberg

RampRate 創立者兼CEO

RampRate&DeepStratのCEOとして、Tonyは17歳の時から知覚と業界を変えるアイデアを生み出してきました。現在彼は10数か国でブロックチェーン技術と仮想通貨に熱心に取り組んでいます。

Greenberg氏の10年以上の断続的なリーダーシップのもとで、RampRateは、新規プロジェクトを融資し、Microsoft、SnapChat、Facebook、 Nike、Credit Suisse、OracleといったインターネットやFortune500企業のクライアントに何億ドルおよび何千時間をも節約させた、データに基づく実施可能な調達情報を作成して、ITサービスの売買方法を劇的に変えました。RampRateはクラウド、テレコム、ソフトウェア、管理サービス、データセンターなどのITサービスの調達および再構成で年間30-50億ドルを監督しています。

RanpRateの戦略リサーチ部門のスピンオフであるDeepStratはブロックチェーン技術やデジタルメディア価値連鎖への成長助言サービスを中心に行っています。

Greenberg氏はテクノロジー、メディア、エンターテイメントのカンファレンスやハーバード大学やUCLA等の大学において、カリスマ的で先見性のある講演を行っています。彼の執筆記事はForbes.com、Huffington Post、Only Time Buys Trust その他に定期的に掲載されています。 また、All Things D、Business Week、Wired、 Computer World、 Slashdot、Ars Technica等でも彼の言葉が頻繁に引用されています。

RanpRate以前、Greenberg氏はRaindance(現Intercall)で販売&マーケティング部門の担当責任者を務めていました。それ以前は、次世代型メディア会社の副社長とExodus(現Savvis)の上級管理者でした。彼が創設して後に売却した数々の会社での初期の経験は、ブティック型小売業、直接反応マーケティング、セールスカルチャー、ビジネス開発と製造等です。

Zygmunt Andrew Spray1